チョベ国立公園 : 堪能するには季節選びが大切

ビクトリアフォールズ界隈ではチョベ国立公園の日帰りツアーも定番ですが、アフリカをウロウロしていると、どこかで1度はサファリ体験するので「まぁ出てくる動物は似たり寄ったりだしパスだなぁ」なんて思うわけですが、ここのサファリは車だけではなくボートに乗ってチョベ川の水上からも楽しむ要素があるので行ってみることにしました。

ボート乗り場の雰囲気からして期待しちゃいます…

ツアー代金には幅がありますから…これは別途メモしたいと思います。

結論は参加して楽しかったです。



チョベ国立公園 1Dayトリップの内容は?

ジンバブエから出発するツアーがメジャーですがマルチビザを持っていればザンビアからのツアーも対応はしてくれるようです。ただね、ビザと出入国審査時間の手間のせいで九分九厘はジンバブエ側から参加されるそうです。

中身はと申しますと朝の6時半〜7時半ごろにホテルに迎えに来てくれ、ビクトリアから約1時間車に揺られますとボツワナ国境の町カサネに到着します。ここで出国手続きを済ませボツワナの送迎バスに乗り換えて、それぞれの旅行会社が契約しているサファリ運行会社のハブとなるホテルへ向かい、そこで更にゲームドライブ用の車やボートに乗り換えてサファリを楽しむという、ちょっと乗り換えの多いプチ旅行です。そして再び17-18時頃にホテルへ戻ります。

(2018年3月現在) 改めて書くことでもないのですがビザ情報はコロコロ変わるので参考になることもあると思いメモしたいと思います。 ご存知ジンバブエとザンビア観光(特にビクトリアの滝周辺では欠かせ...

ジンバブエのマルチビザ(kaza uni visa)を持っている前提で書きますと、ボツワナ入国カードは車内に準備してあり自分で記入します。帰りも出国カードを自分で記入し全く同じルートを戻ります。ビザが無ければ発給してもらうことは出来ますがお金がかかります。シンプル。

ガイドさんのパスポートはスタンプだらけ…

ということで、私の場合は午前中ボートサファリを楽しみ、昼食を楽しみ、午後はドライブを楽しみました。

日帰り観光ですが前後で国境手続きもあり、中身の時間配分はボートサファリ約2時間、ランチタイム約1時間、ドライブサファリ約2時間です。つまり4時間のサファリでどれだけの動物に会えるかで満足度が変わってきます。

余談ですが私が参加した旅行会社のランチ場所「マリーナロッジ」の内容には満足しました。というか、そもそも1日1食みたいなこともザラでしたからどこで食べても満足すると思いますが、ホテルとしてのサービスレベルは高いホテルですよね。とても良い雰囲気。

1ドリンク付きで…暴飲暴食の量…デザートにコーヒーも…

動物に会えるのか?

私が見たものはカラフルな鳥、アフリカンフィッシュイーグル、インパラ、カバ、ワニ、トカゲ、ゾウ、バッファロー、イボイノシシ、ライオン、サル…でしたかね。ここでもライオンの捕食シーンに遭遇しました。

インパラ天国

この日の参加メンバーは「オーストラリア、アメリカ、スウェーデン、ドイツ、南アフリカ、モザンビーク、日本」という布陣でしたが一番興奮していたのがモザンビークのカップル。「ウチにもサファリはあるけどこんなシーン滅多に見れねーよ。スゲー!リアルナショジオだぜ!」みたいな状態で大騒ぎでした。

というのも午前中ドライブサファリを楽しんだ別のグループは「午前中ドライブしたけどさ、インパラやワニばっかでつまんねーよ。ゾウ?どこに居んだよ!ガイドが全部ブッシュの中って言ってっけどさー、5万頭もいて全部ブッシュの中ってウソだろーよ。1頭も見ないぜ。」みたいな愚痴も…。

糞は確実に見れます。ゾウは見れないこともあります。

ということで、私は4時間という短い時間でも楽しい時間でしたが、動物が見られないと残念な気持ちになるのは分かります。

ベストシーズンはいつなの?

一般的には5月から11月なんですが、ガイドさん曰く「動物を次から次へとわんさか見たいなら9月と10月がベストだ!」と言い切ってました。色んな会社のガイドさんが居る場所で聞きましたが全員が頷いてました。ゾウが見たければ9-11月が最高かもしれません。

ここは川を渡るゾウも有名ですが、私も中洲でくつろぐゾウを見ましたからベストシーズンに張り込めば貴重なシーンを激写できるのかもしれませんね。

たまたま日帰りで楽しみましたがホテルのファシリティを見る限り、アフリカ旅で贅沢したいなら(噂通り経済発展している)ボツワナ滞在は良さそうです。

果てしない空!チョベ川からの眺めも雄大でステキ!

ということでジンバブエのビクトリアからボツワナのカネサ付近のチョベ川サファリも楽しんだメモでした。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




sharing

スポンサーリンク
スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!