旅行写真をスマホだけで勝負するカメラアプリ

本日は文明の利器ネタでアフリカの雰囲気が掻き消されるので、まずは強引に鳥のさえずりをペタッ。早朝にホテルの部屋の窓をあけて録っただけです。

結論から書きますと「うわぁ〜すごくきれい〜」なんて写真をスマホだけで挑むには無理があります。が、「荷物も減らしたいの〜」という現実もあります。今回の旅は遊びの海外旅行では初めてカメラを持たずに出かけたのですが…イロハのイだけ触れたいと思います。

ただこの情報も2018年現在の話で2-3年後は「スマホだけでステキ〜」な写真が撮れる時代になると思いますので未来から見れば「つい数年前まではダメだったんだよなぁ」ということです。

ちなみに今回はiPhone8で挑んでみました。

スマホカメラの良し悪し

今回は被写体がアフリカのような大自然ということを前提に書きますが、正に大自然なので全てが「大」です。ということで遥か彼方の小さな被写体をスマホではカバーできません。望遠機能が2倍レベルでは全くお話しになりません。クリップレンズ?そんなもの装着してる間に被写体が消えます。

旅を終えてみるとアフリカに限ってみれば、大自然の素晴らしさや一瞬(早朝、夕刻、真夜中など)の美しさという意味で「ズームの効くコンデジぐらいは持ち歩いてもよかったなぁ」なんて思います。

ただ全く使えないわけでもありません。だたっ広い場所をありのまま写すことにズームは不要なので、ズーム不要の場所や接写ではスマホだけでカバーできます。欠点は2点だと思います。

  • ズーム機能がないと美しい動物の写真は撮れないよ
  • 暗い場所も苦手だよ

良い点は書くに及ばず。携帯性と接写ですね。

「接写」「8-10m未満ぐらいの距離」「広角」はスマホで満足

スマホ撮りしたものを見ていただくのが百聞は一見にしかずですね。

ちなみにこのサイトに載せている写真は殆ど画質を落とした状態ですが、下の写真はオリジナルに近い状態でこの有様です。

約10m先の小さめのトカゲをズームで撮るとノイズ感満載

肉眼ではすぐ側に感じるトカゲも一瞬で収めようとするとこんな感じ。

50mぐらい離れたゾウさんをズームで撮ると…

肉眼でも遠さを感じるゾウさんも広角(背景)が際立ってゾウさんが真っ黒。

ゾウさんにピントを合わせても…

ゾウさんの肌色は良くなってもね…とにかくクッキリ感ゼロの写真だらけです。

それでもスマホ撮りする際の常套手段は4K動画撮影

4K動画撮影すればHDの2倍高画質で撮れますからキレイなんですが、それは動画で撮ったものから写真用として切り出すのが手間ですね。手間ですが画質は格段に向上します。

もちろんスマホのストレージ容量もどんどん減るので対策が必要ですが、256GBのスマホであれば…かなり撮りまくっても「まだ撮れるんだ」というぐらい余裕はあります。



オススメするiPhoneのカメラアプリは…

旅先によってはスマホで十分となればアプリ頼り。

細かいことを書きますと、評判の良いアプリは両手ぐらいの数ありますが、これらを複数ダウンロードしても使い分けるのが手間で、お金も無駄。中には「出来栄えは満足だけどフォトロール(写真を閲覧する場所)にいちいちエクスポートしないと保存できない」というのもあり、そんなことも面倒臭い。

長らくiPhoneユーザーなのでカメラアプリだけでもかれこれ10個以上ダウンロードしております。iPhoneの基本仕様だけでも頑張れますが、アプリの方が「ん?これだったらアプリがいいかも」と思ったものを1つご紹介。

アプリ名は「ProShot」です。

たぶんコレ1つで全てカバーできると思う…

ProShot – RAW, DSLR Controls & Video – Rise Up Games

◾️気に入った部分(あくまでも私見です)

  • ピントが合ってからシャッターをきるまでのスピードが早い(気がする)
  • アプリ自体が暗所撮影に強い(気がする)
  • フォトロールに自動保存されて楽
  • フラッシュ(撮影時にピカッ)ではなくライト(撮影準備中からずっとピカッ)が楽
  • ライトの光量も調節できる
  • 接写設定を操作しなくても精度良くピントが合う

似たアプリもあるのですが、撮り比べた際の指の動き、直感的操作感、出来上がりの写真の質感などからコレを選びました。アプリ自体は普通のカメラのようなマニュアル設定も出来ますから一眼レフ(もどき)のような楽しみ方も出来ますが、オート設定であればコンデジのような操作感で撮影できます。

写真の加工編集機能はありませんが、旅行中に撮影と編集を同時にすることは殆どないですし、最近のiPhoneは傾き補正やトリミングも超簡単に出来ます。撮った後でする作業と思えばその手の機能は不要です。

冒頭で触れた通りスマホ進化でアプリも陳腐化すると思いますが、アプリのバグも少なく安定しているようです。たぶん順調にアップデートされるアプリではないかと思います。Androidは知りませんが…。

もう一つ比較検討できるアプリとしては「Camera+2」もおすすめです。「ProShot」と比べて甲乙付けがたい良アプリだと思います。

ということで、あえてスマホだけで旅を楽しむ際のアプリ紹介でしたが、自然相手ではなくコンパクトな街並みを楽しむ旅となればスマホの標準カメラだけでも頑張れると思います。

iPhoneで撮影する方法 – 写真



スポンサーリンク
スポンサーリンク




sharing

スポンサーリンク
スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!