旅のはじめに

2000年頃にアフリカに出かけようと思ったことがあるのですが、その後見事に頓挫して早2017年になってしまいました。その頃「歳をとったら遠距離の遠出は辛くなるしアフリカは時間が調整できないとなかなか行けないから今しかない」と思いカタール航空を予約して準備を整えていたのですが…。

それから現在まで仕事では何度か海外渡航するもアフリカだけは縁遠い日々。

その間に地方へ引っ越し仕事も変え国際線が頻繁に飛ぶ空港は遠ざかるばかり。両親は歳をとり、更に大正生まれの祖母も歳をとり。自分も歳をとり、歳を重ねるたびに出かけることが難しくなります。これが世に言う「若い時はなんでもできる」です。

そこで思い切って重い腰を上げ中年のおっさんが再びアフリカ旅を目指す足跡を残しておこうと思います。

旅の目的は単に自分の人生の幅を広げるだけです。世界にはアフリカ諸国より貧しい国もありますが文化の違い、考え方の違い、自然観の違いなどを自分の肌で感じたいようです。

今日は8月6日で広島に原爆が落とされた日。

マスメディアでは広島を訪問する観光客が増えているニュースをしています。楽しい旅行も広島平和記念資料館から出てくるとテンションが下がる様子が映っています。北海道、箱根、京都だけが日本ではないのと同様の姿がアフリカにもあると思います。その国の日常を少しでも多く感じたいと思います。Touristy以外の場所を見てみたい。

旅の定義は色々ありますが大きくは2つに分類できると思っています。ひとつはツーリスト(観光客)。もうひとつはトラベラー(旅行者)。20代であればトラベラーを気取って出かけるのですがそんな歳でもないので折衷案で攻略予定です。

今はまだリハビリ段階ですが、いつの日かお出かけします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




sharing

スポンサーリンク
スポンサーリンク




トップへ戻る
error: Content is protected !!